集中できないバカが作業するためにはどうしたら良いのか

バカだから集中力がない

f:id:ethno16:20170402005218j:plain

図書館では皆勉強しています。

おそらく、人が黙々と作業をする風景はそれなりに美しいと思うのですが、
それを可能にする集中力を、多くの人は維持出来ないと感じています。

タスクだけ決めて、結局何もしないまま学校や仕事が始まってしまう
という経験が良くあります。最悪だ

どうやって作業をやるべきなのか

作業をするためには、おそらく
「他者からの強制力」「コストを回収する気持ち」が重要なのでは、
と私は考えております。

そのため、お金出してまで無理やり場所を借りて作業することにしました。

作業したいな〜と常々思っている方にも
門戸は開いているため、知らない人でも参加可能です。

ただ、バカはそうことがうまく進むわけでもないため、
私は何もしないまま会を終了しても良いと思っています。
とりあえず集まって、少しでも進めることが大事です。

これは、
コワーキングスペースやイベント会場、
クラブで何もしなくていい、という選択肢をポジティブに選べるようにしたい
という考えの元、設計しています。

 

集まる意味ある?

  • 人が近くにいるだけで何故か人は作業する
  • 質問等できる人が近くにいると安心(※答えが得られる保証はない)
  • 話題があれば話を振ると良い(同テーマで集まっているので話がしやすい)
  • 成果発表等があると目標感が出る

出典:もくもく会のススメ - Qiita

私はほとんどこのQiitaに同意しています。

ルール・戒律

  1. 自分がやると決めたことはやる
    参加者は初めに何をするか決めて、帰るまでに少なくとも何かしら結果を提出してください。出来具合を講評することはしないので、何を作業したのか残すことがルールです。最初に何もしないと決めた人は「今日は無をしました」と報告願います

  2. 人に共感せず、干渉をしない
    人に共感をしないでください。作業が出来ない理由の一つとして、無駄なコミュニケーションの創出をすぐ行うことが挙げられます。無駄な相互干渉を極力減らすために、Slackを立ててあるので、質問や相談はそれを使ってください。"作業"といってカップラーメンを床にこぼしたり、Sexを始めるなども考えられますが、普通に最悪な絵面なので、そうした干渉は禁止します

 

f:id:ethno16:20170521111305g:plain

今回やる作業の告知

場所

www.airbnb.jp

(予定)

日時:6月10日から予定、15:00(土)-10:00(日) 途中退室 可

費用:無料 飲み物や食品持参してもらえると助かります

Slackの登録:こちらのリンクより https://inv-slack.herokuapp.com

来そうな客層:音楽を作る人

連絡先Twitter(@_ethno) or inv.air20 at gmailまで


当日はYoutube Liveの練習したりしますが、ご了承ください

各位それぞれの活動を頑張りましょう

f:id:ethno16:20170521112513j:plain