集中できないバカが作業するためにはどうしたら良いのか

バカだから集中力がない

f:id:ethno16:20170402005218j:plain

図書館では皆勉強しています。

おそらく、人が黙々と作業をする風景はそれなりに美しいと思うのですが、
それを可能にする集中力を、多くの人は維持出来ないと感じています。

タスクだけ決めて、結局何もしないまま学校や仕事が始まってしまう
という経験が良くあります。最悪だ

どうやって作業をやるべきなのか

作業をするためには、おそらく
「他者からの強制力」「コストを回収する気持ち」が重要なのでは、
と私は考えております。

そのため、お金出してまで無理やり場所を借りて作業することにしました。

作業したいな〜と常々思っている方にも
門戸は開いているため、知らない人でも参加可能です。

ただ、バカはそうことがうまく進むわけでもないため、
私は何もしないまま会を終了しても良いと思っています。
とりあえず集まって、少しでも進めることが大事です。

これは、
コワーキングスペースやイベント会場、
クラブで何もしなくていい、という選択肢をポジティブに選べるようにしたい
という考えの元、設計しています。

 

集まる意味ある?

  • 人が近くにいるだけで何故か人は作業する
  • 質問等できる人が近くにいると安心(※答えが得られる保証はない)
  • 話題があれば話を振ると良い(同テーマで集まっているので話がしやすい)
  • 成果発表等があると目標感が出る

出典:もくもく会のススメ - Qiita

私はほとんどこのQiitaに同意しています。

ルール・戒律

  1. 自分がやると決めたことはやる
    参加者は初めに何をするか決めて、帰るまでに少なくとも何かしら結果を提出してください。出来具合を講評することはしないので、何を作業したのか残すことがルールです。最初に何もしないと決めた人は「今日は無をしました」と報告願います

  2. 人に共感せず、干渉をしない
    人に共感をしないでください。作業が出来ない理由の一つとして、無駄なコミュニケーションの創出をすぐ行うことが挙げられます。無駄な相互干渉を極力減らすために、Slackを立ててあるので、質問や相談はそれを使ってください。"作業"といってカップラーメンを床にこぼしたり、Sexを始めるなども考えられますが、普通に最悪な絵面なので、そうした干渉は禁止します

 

f:id:ethno16:20170521111305g:plain

今回やる作業の告知

場所

www.airbnb.jp

(予定)

日時:6月10日から予定、15:00(土)-10:00(日) 途中退室 可

費用:無料 飲み物や食品持参してもらえると助かります

Slackの登録:こちらのリンクより https://inv-slack.herokuapp.com

来そうな客層:音楽を作る人

連絡先Twitter(@_ethno) or inv.air20 at gmailまで


当日はYoutube Liveの練習したりしますが、ご了承ください

各位それぞれの活動を頑張りましょう

f:id:ethno16:20170521112513j:plain

オランダの旅行

1日目

f:id:ethno16:20170401215813j:plain

落ちてるモノが好きなんですが、これはかなりの高得点です。87/100。このあとカメラのレンズが半壊していることに気がつき、早速日本に帰りたくなる。

地球の歩き方(版元:ダイヤモンド社)を読みながらアムステルダムを散策することにしたが、自分で自分をホストするときに「無計画」を計画すると訳が分からなくなりました。

f:id:ethno16:20170401220329j:plain

f:id:ethno16:20170401223120j:plain

オランダについて調べました

GDP:853.5 billion USD(ググったから参照は知らない、日本は4.92 trillion USD。どうでもいいな) 人口:1700万くらい九州は1400万くらい 面積:もうだいたい九州くらい

f:id:ethno16:20170401223006j:plainf:id:ethno16:20170401220922j:plain

土地の起伏が少ないおかげで、自転車と路面電車が発達している。また、運河も同様でおそらく昔は貿易で栄えてたんですかね。飾り窓とか、風俗が盛んなのもそこに理由がありそう

みんな地面に座ったりしていて、かなり気が楽になった。どうも、質素倹約禁欲など、ゲルマン・プロテスタントの影響が強いらしいです。そういうマインドは俺に近しいものがあるので、座ったり立ったりして周囲を見回した。

f:id:ethno16:20170401222648j:plain

f:id:ethno16:20170401223456j:plain

レッドブル、アメリカ旅行した際よりも、かなり多く散見されました。特に、土木労働者らしき男性がスーパーで箱買いしているのをよく見かけた。アムステルダムで██とコーヒーは同時に提供されていることが多いが、 缶コーヒーは見当たらない。なので、カフェインをレッドブルで代用しているのかもしれない。

f:id:ethno16:20170401224111j:plain

色々と曖昧になり、建築見てRash Hour Recordsに行った

これはThe Whale オランダはこうした近代建築が、オフィスと住宅の複合施設であることが多い。

f:id:ethno16:20170401224347j:plain

Rash hour は広かったです。4/1にin storeのイベントあったらしく、惜しかった。

f:id:ethno16:20170401225014j:plain

f:id:ethno16:20170401225249j:plain

f:id:ethno16:20170401225908j:plain

店員とSouichi Teradaの話とかしようと思っていたが、全部曖昧になっていたので1枚だけレコード買って逃げた。お店は飾り窓の周辺なので、行きも帰りも██の匂いや年老いた風俗嬢が環境を取り巻いていて、とても最悪だった。俺は外国人だぞ!と全く意味のない虚勢を張って闊歩 オランダ人はせっかちなのか俺より歩くのが速い

2日目

ロッテルダムに行った。風が強くてまた帰りたくなる。

f:id:ethno16:20170401230551j:plain

f:id:ethno16:20170401230858j:plain

"タフな肉 感動"

f:id:ethno16:20170401232908j:plain

肉が食べたくなったので馬鹿でかいショッピングモールでベーコンを買ったが、とても冷たい。Motherで「干し肉」という回復アイテムがあるけど、リュカはこんなもので回復できるのか、と悲しい気持ちになる

これは馬鹿でかいショッピングモール、マルクトハル(Markthal) 涼宮ハルヒのことを思い出した。

f:id:ethno16:20170401233312j:plain

f:id:ethno16:20170402005218j:plain

f:id:ethno16:20170401231128j:plain

図書館が広くて、多くの学生が勉強していた。上の写真も図書館内なのですが、でかい図書館がある街は良い。

ボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館(Bojimans van Beuningen)は死ぬほどつまらなかったが、On Kawaraの作品写真集が売ってて少し悩んだ。

f:id:ethno16:20170401231631j:plain

デッサンで愛し合う学生

唯一ウケたのはIsabel Ferrandの「On the Memory of the Hands」という展示。目を閉じて陶器作りまくったり、最終的に手のメモリーで粘土なしに陶器を作っていて、Young Hastleぽかった。

wheelthrowing kees from Isabel Ferrand on Vimeo.

 

f:id:ethno16:20170401232051j:plain

1日目にDrakeがアムステルダムでの講演をキャンセルしたニュース。Twitterで「Drakeが██でOverdoseした」って言われててまあまあウケた

3日目

f:id:ethno16:20170401232414j:plain

オランダ、外食しない文化らしい。人が来ないからか、レストランは高いし。ホテルの朝食も卵とパンしかないのに€7.5もするので、飲むヨーグルトを買ってました。日本でも売ってくれ

この日は自転車移動を主にしていて、いろいろな速があり、██で曖昧になった。その後Zwart Goudというレコード屋に来た。

f:id:ethno16:20170401234813j:plain

店員は一人で、Hidden Spheres探してるんだけど、と話したら懸命に探し始めた。結局なかったんだが、Distant Hawaiiの他のおすすめや、外神田deepspace(後で調べたら日本人house producerだった)など押し付けがましくない感じに勧めてくれて、距離感が良かった。声かけた時の反応とか体型とか諸々含めて島田とEarl Sweatshirtのフュージョン後、って感じでウケた。白人だったが。

f:id:ethno16:20170401235239j:plain

f:id:ethno16:20170401235444j:plain

彼はLobster Thereminのイベントをオーガナイズしてたらしく、日本にも来て欲しいなあとか話していたら、「レーベルマスターとも仲が良いから『日本にもファンがいるよ、ぜひツアーやってくれ』と言っておくよ」と。お世辞でも会話ができたのでホッとしました。

f:id:ethno16:20170402000434j:plain

エミネム最高さんがブログでRedlight Recordsというレコ屋に行っていたので、向かってみた。ラジオステーションも併設?されているのですが、最初入り口が全く分からず、うろたえていたらラジオDJが親切に扉を開けてくれた。

f:id:ethno16:20170402001107j:plain

f:id:ethno16:20170402001509j:plain

f:id:ethno16:20170402002051j:plain

他にもレコ屋を何軒か回っているのですが、思ったよりもハードテクノな印象が薄く、どちらかといえばどの店舗もUKのテクノ・ハウスシーンの一部、といった感じでした。もしかすると、ハードテクノはHardwellとかTiestoとかの文脈か。██キャンディとか売ってる観光客向けのお店ではプログレハウスやハードテクノがよく流れていたし、そうしたコミュニティにはハードテクノが根付いているはずかもしれん。

Redlightだけ少し異質でしたが、どの店にもThe Trilogy TapesやLobster Thereminが置いてあり驚きました。日本のProducerだと、RGLの新譜もよく見かけた。一方で個人的に好きなMoney $exとかは見当たらなかったので、UKの市場は強いんだなあと。

f:id:ethno16:20170402003123j:plain

これは子供

4日目

ビジネスクラスが純粋持続だったので感動した。 資本主義内にあって量的なものに換算されない流れ、というものにひどく感動

f:id:ethno16:20170402003244j:plain

飛行機ってかなりのリスクを背負わなければいけない気がして、時間や地面と接触している境界も曖昧になるから、いつも「なんでこんな苦しいおもいをしなければ・・・」と考え込んでしまいます。JAL123墜落事故とか思い出してしまう。

飛行機内でシンゴジラ見て思いまくってしまった。

Hugoでサイト作り5日目

 やったこと

Hugoでサイト作り。前まではブログ形式のTemplateを使用していたのですが、ブログはWordpressで持っているから、そこにリンクさせる形で個人のポータルサイトを製作すれば良いのでは。と方向転換しました。

できたこと

Git pushまではすんなり出来るようになりました。反復と理解。

ポータルサイトも完成。参照

f:id:ethno16:20170314172439p:plain

解決したこと

ない。結局、前回Hugo server が機能しなくなった原因は不明。おそらく、Public内のポストを全部削除する順番を間違えて、Git addしたからだと思う。Gitはチームプレイなので、結構コマンド意味を取り違えていると、お互いに迷惑がかかりそう、と感じた。

できなかったこと

Pageの更新ができないのであきらめた。Branch/masterの意味全然分かってないっぽい。単純にBranchに更新した通知をGit commitして、そのあとMasterにMarge、ってことじゃないのか。

次やること

上記の点を解決して、Pageの更新ができるように。

また、Wordpressのブログをいじって、横のカラムから記事へ飛べるようにしたい。

Hugoでサイト作り4日目

やったこと

①前回作成したサイトの作り替え

出来たこと

サイトの作り替えとGitへのPushは完了。

参照

解決したこと

Git Pushまでの手順がわかった。

ローカルで編集→ステージ環境(Git add)→リポジトリにアップ(Git commit)→Git上にUP(Git push)→Gh-pagesでブランチを作成。→ブランチにリモートの変更部分を書き換える。→マスターにマージ。

出来なかったこと

記事を更新したら、hugo serverが出せなくなってしまった。 

panic: runtime error: invalid memory address or nil pointer dereference

とのこと。参照地点がnilになっている、ってこと?なぜ・・・

 

 

Hugoでサイト作り3日目

やったこと

目的:HugoとGithub Pagesを利用してWebサイト立ち上げ。

①ローカル環境にサイトを吐き出し、indexなどを作成。

Githubリポジトリにindexを追加。(前回はここまで)

③実際にWeb上でサイトを公開。

今回出来たことや苦戦したこと

LocalにおいてあるPublicファイルを更新し、Git RepositoryにPushする時に問題が2個起きた。

> SSH接続

接続先サーバに公開鍵を登録していなかったです。まず、以下で対応。

Githubに接続できない時の対処法 - Qiita

> Git pushのReject

SSH接続が解決した時、Rejectされた。以下でいくつかを参照。

git pushがrejectされたときの解決方法URLまとめ - Qiita

Non-Fast-Forward Push の解決 - Linux 入門

【git】git pushがrejectされたときの対応方法 at softelメモ

https://www.d-wood.com/blog/2014/04/08_5998.html

 

ページは出来上がりました。だがこんな感じ

f:id:ethno16:20170117204119p:plain

だせ~

解決したこと

(gh-pages)が出てない?また、Remoteの連携が

```fatele: remote origin already exists.```

 gh-pagesとは、Githubリポジトリにおけるブランチのこと。

Master/Branch(gh-pages)に分かれている。複数人、Branch側で開発→MasterにMerge(溶け合わせる)。

Localで開発してった「作業環境」を「ステージ環境」にgit add。からの、Git Commitで「リポジトリ」に記録。

出来なかったこと

①個々のPageが見れない

何故だ~ index.htmlに変換出来ているんだが、表示されないのが謎です

次やること

一旦、やり直します。デプロイ出来てもデザインがダサいと少し嫌なので変更します。

こんな感じにする予定

f:id:ethno16:20170117211038p:plain

課題:個々のページにアクセスできるよう、次頑張ります

ウケたことと近状

コメダ珈琲店、コーヒー飲まずともスゲー良いんだけど昼時はかなり"社会"でうざいっす。50代は介護と健康、40代は金の話ばっかり……。年老いるにつれて、共通話題が無くなってしまうの、非常に悲しくなります。

 やっと音楽出しました 定期的に出します Kindleも頑張ります

Hugoでサイト作り2日目 【hugo】

目的

静的サイトジェネレーター「Hugo」にて、簡易ブログを作ることを目的とする。

Hugoを使う上で

メリット

・マークダウン式かつローカルにて記事をかける

・速度

デメリット

・日本語の解説があまりない?

できたこと

日が随分空いていますが、取り組んで2日目。

Hugoの構造を理解。

ローカルホストにてサイトの立ち上げ、コンテンツ・indexの制作までは完成。

Githubリポジトリにindexを追加。

できなかったこと、すべきこと

サイトのデプロイまでは未了。

原因としては、(gh-pages)が出てない?また、Remoteの連携が

```fatele: remote origin already exists.```

にて表示されている点?

ひとまずGitの仕組み(Local RepositoryとGit上のrepositoryがどういう関係か)を覚える必要がある?

ウケたこと

ちょっとやってみて思ったが、こうしたサーバーサイドの理解を今さら専門的に深めていくよりかは、一種のスキルセットとして身に着けていく方が良いと感じた。PythonでWebサーバ弄ったりさせられると思うので。

あとは、モノ・コトの工数がどのようになっているか図解することは、シンプルに説明する手段として必要。日々鍛錬って感じですね……自動販売機の工数を考えたりするとか

別に楽しいことではないし、悲しい とんでもなくスカした雑貨屋さんですよ俺は いつか創作が良くなるよう考えます。

近状

90%文章が揃ったので、MLB同人誌企画を進めました。
印刷・流通コストを考慮し、RomancerにてEPUB3を吐き出した後、Kindleにて販売予定です。ざっと10万文字。

校閲など、口頭試問の空き時間に行います。1月末までには出します。

音楽:未完です 鉄の音などを出したい

12月

12月・・・ 

①音楽を制作しています。

11月くらいからですが、ビートを作っています。

制作することのスピードを上げること、無意識のうちにどういった音を選ぶのか、試しています。現時点では、中音域でいうとFM音源のように柔らかいシンセ、硬くタイトなドラムが好みっぽいです。

目標、2か月以内に10曲としていましたが、無理そうです。雑にパターンだけ作って、で終わっている。。

 

卒業論文が終わりました。

国内政治とマスメディアの両義性について書きました。しょーもな。

政治思想や、政策課題。現代の討議型民主主義(あるいはLiquid Democracyであったり)が技術によってどうあるべきか。これらを思考することは、自身の行動を裏付けるためのアイデンティティになり得るだろう。

ただ、政治は議論でなく機会が必要なのです!現状への不満と、政策や社会への不満とが“明らかに”合致していた時にこそ――自らが能動的に学ぶことを前提に――政治へ意見すべきです。皆、自分の不勉強さを隠したがるから、より強固な政治思想や短絡的な意見を自らのものとして正当化し、誤魔化すのだろう

個人的な話をすると、ルソーやシュミットの著作を読み進めようと試みていますが、自己の意思と再び向き合うための時間でしかない、という気持ちが強い。政治思想や社会構造をどうすべきか!といった強い意見に対する好奇心は今も強い一方で、これらを知ることで何か周囲にも変化を起こせるのでは、という昔のような思いは芽生えてきません。

関係ないですが、卒論執筆時、田村に統計の式を教えてもらってました。「あるケースをどう解決していくか」という時に、懐疑的な視点で数値を整理していく能力が、自分は全く備わっていないのだと気が付き、悄然たる面持ちで解説を受けていました。

③サイトを作っています。

静的サイトジェネレーターHugoでサイトを作っています。Githubリポジトリ作成、リモートでHugoをデプロイさせるそうなのですが、苦戦して今日1日での完成は無理でした。

言語を習得することよりも、どういった仕組みで経路が形成されているか、ノートにでも書いていくのが良いのでしょうか。

④なんとなく見ていく方向

昔の日記を見返すと「知らない文化を知る」を目的としていた。3年前ですが、その時新しく知った文化は演劇、ダンス、Hiphop、プロレス、競馬とか書いてました。

外部に学びを得るルーティン土俵づくりのようなものだと思っていたので、次はそうした中で自分にどう活かしていくか、という段階だと感じています。

「技術」「芸術」「経済」「論理」が次3年くらいの見ていく方向です。

といっても芸術以外は生活を維持するための手段でしかないので……

最近はこのMVやバナナ炎ノープランロケ見て、何事も全て忘れてしまうので歴史を動画で保存する、というのもありだと思ってます。近いうちに遊びましょう